マネジメントシステム

COHSMS

建設事業場名:竹沢建設株式会社
認定番号:JC169-1
認定日:平成29年7月31日
有効期限:平成32年7月30日
所在地:富山県射水市寺塚原836-3
認定範囲:本店

ISO

ISO9001:2015

 

 

 

 

 

 

認証登録範囲 :官公庁発注の土木構造物の施工
認証登録番号:05734-JAB-01
初回登録日:2000年2月10日
認証決定日:2018年7月10日
認証発行日:2018年7月10日
有効期限:2021年8月5日

ISO14001:2015

 

 

 

 

 

 

認証登録範囲 :官公庁発注の土木構造物の施工
認証登録番号:09617-JAB
初回登録日:2013年8月6日
認証決定日:2018年7月10日
認証発行日:2018年7月10日
有効期限:2021年8月5日

安全衛生方針

人間尊重の精神に立ち返り、実効ある安全衛生活動を着実に展開し、職場で働く人々の安全と健康を確保すると共に、快適な職場づくりに努める

  1. 職員ひとりひとりがその職責から、危険有害要因を事前に抽出して除去・低減対策を立案するリスクアセスメントを実施し、先取りした安全衛生活動を実行します。
  2. 労働安全衛生マネジメントシステムを適切に実施及び運用し、安全衛生目標を達成するため、必要な経営資源を提供します。
  3. 労働安全衛生法等関連法規および社内安全衛生規程その他規程等に定める事項を遵守し、安全衛生管理技術の一層の向上を図ります。
  4. 職員および専門工事会社等に対し、安全衛生教育を継続的に行います。
  5. 労働安全衛生マネジメントシステムを定期的に見直し、また現場の意見を反映して、安全衛生活動を進化させます。

平成30年4月1日
竹沢建設 株式会社
代表取締役 竹澤 由之

平成30年度安全衛生目標

【安全衛生目標設定の趣旨】
前年度より建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)の本格運用を開始したが、休業災害1件、不注意による物損事故の発生が2件あった。これは安全管理の意識がまだまだ浸透しておらず日々の活動の中での不安全行動に対する意識が未だ不十分であると言える。そこで更なる安全管理の意識及び精度向上と労働災害・事故の撲滅を目指して、以下の目標を設定する。

1.災害の撲滅と発生件数の低減

  • 足場、法面作業での転落災害0件を目指す
  • 重機作業による接触災害0件を目指す
  • 架空線、埋設物への接触、切断事故の発生件数0件を目指す
  • 不安全行動による事故の発生件数1件以内を目指す

2.自主点検による安全管理活動の推進

  • 三大災害自主点検による指導件数の低減(日常管理の徹底)
  • 5Sの徹底による作業場内環境の整備の推進

3.健康保持、増進対策の推進

  • 健康診断受診率100%
  • メンタルヘルス対策の推進(ストレスチェックの実施)

品質・環境方針

竹沢建設株式会社は、時代のニーズを捉え、常に顧客満足と法令順守の意識を以って、社会に信頼される企業を目指す。

1.継続的な品質・環境マネジメントシステムの有効性改善と技術力の向上を推進し、企業の永続的発展に努める。
2.顧客要求を的確に捉え、予防に重点を置いた業務遂行により、顧客の満足と利害関係者の信頼を得る工事を提供し、地域社会に貢献する。
3.全ての部門において、省エネルギー・省資源、リサイクルの推進、廃棄物の発生抑制、有害物質の適正処理など、環境負荷の低減および環境保護に努める。

上記品質・環境方針達成の為、下記の通り品質・環境目標を定めて、組織に展開する。

品質・環境目標

  • 工事成績の年間平均80点以上
  • 優良工事表彰を1件受賞
  • 建設廃棄物リサイクル率90%以上

土木部、労働安全部、営業部において部署品質目標及び管理目標値を設定し、全社品質目標の達成に取り組む。


平成30年4月21日
竹沢建設 株式会社
代表取締役 竹澤 由之

詳しくは竹沢建設までお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 竹沢建設株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.